QLOOKアクセス解析

天真爛漫 ~アメショのてん・トイ・じん~

珍しいコンビでポカポカ場所


blog_000009268.jpg
あらぁ~珍しいコンビ!

blog_000009269.jpg
ベッドはあったかいでしゅ

blog_000009271.jpg
たまには

blog_000009270.jpg
じんと過ごしてあげるのにゃ~~~っす!

blog_000009273.jpg
リラックスじんもなかなかかわいいにゃすよ       のびのび~でしゅ


寝室は朝から日が当たる場所
そんな事を熟知してるにゃんず

トイは寒いのはあまり好きではないので
もっとポカポカにならないと来ないのよね~

てんじん、相変わらずべったりコンビではないけど
こうして過ごす事もあるよね(〃ω〃)


訪問・コメントなかなか出来ずスミマセンm(_ _)m
いただいたコメントのお返事出来ずスミマセン。大切に大切に読ませていただいています。

にほんブログ村 猫ブログへ

インスタやってます。お気に写真や、iPhone写真をメインに
↓↓↓↓
Instagram
スポンサーサイト
  1. 2017/02/23(木) 08:15:00|
  2. てん・じん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

「にゃんにゃんにゃんの日」にトイからお礼


blog_000009263.jpg
たっくさん応援ありがとうございましたですぅ

blog_000009264.jpg
お礼に自慢の大きいお鼻を披露しますですぅ

blog_000009265.jpg
たっくさん食べて

blog_000009266.jpg
にゃんにゃんにゃんライフを楽しむのですぅ


トイ入院退院に応援に、トイからお礼
良く出来ました!

今日2月22日は「にゃんにゃんにゃんの日」
うんうん! もっともっとにゃんにゃんにゃんライフを楽しもうね!

昨日朝は少し元気ないかなぁ・・・と思いつつ
後ろ髪をひかれながら仕事へ
日中は通常営業だったようで安心
帰宅時はスゴイ勢いでお迎えに来た~~~!

昨日、自宅で初皮下注射を少し失敗・・・(´;ω;`)
今日はもっと上手にやるね!


blog_000009267.jpg
トイちゃん、こんな感じで自由に楽しむにゃすよ       おっけ~ですぅ


昨日の夜のてんトイは近くで過ごして、リラックスの様子
てん、アドバイスさんきゅ~


訪問・コメントなかなか出来ずスミマセンm(_ _)m
いただいたコメントのお返事出来ずスミマセン。大切に大切に読ませていただいています。

にほんブログ村 猫ブログへ

インスタやってます。お気に写真や、iPhone写真をメインに
↓↓↓↓
Instagram
  1. 2017/02/22(水) 08:15:00|
  2. てん・トイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

トイ退院と帰宅


blog_000009249.jpg
トイちゃんですぅ       トイちゃん確認オケツチェックにゃす

blog_000009250.jpg
あれは・・・本当にトイにいたんでしゅか・・・アヤシイでしゅ・・・

blog_000009251.jpg
にいたん、じんに疑われたので、全身キレキレするですぅ


--------------------------------------------------------------------------------------------
【トイ退院】入院7日目・2/20
肥大型心筋症による血栓症で後ろ足麻痺

夜トイを迎えに
バッグに自ら入って、帰る気満々


~血液検査~
blog_000009261.jpg
BUN・・・16.4(正常値17.6~32.8)
CPK・・・545(正常値87~309)

BUNは入院中利尿をかけていたので想定内
CPKは今回もオーバーしているものの
前回(2/17・2000以上)より下がっており、今後も下がる傾向だと判断


~病状~
(エコー)
お迎え前にエコーで血栓の状態を確認したところ
血栓が詰まったであろう場所の血流がかなり良い状態で
血栓が流れた可能性も(血栓自体をエコーで確認不可なため断定は出来ず)
両足の状態も通常状態に復活

(レントゲン)
肺はクリアな状態で、肺水腫の可能性なし


~今後の治療~
血栓症を発症した=常に血栓が出来てる状態なので再発の可能性はとても高く
再発率は40~50%とも言われている病気で
トイの場合、側副循環治療によく反応してくれたが
このまま側副循環を促進、継続するのが理想的
とは言え、自宅で病院同様の静脈点滴、注射は困難
側副循環促進治療に使用していた低分子ヘパリンは皮下注射も可能なため
しばしに間、自宅で皮下注射をする事に

先生としては自宅での注射は、飼い主に負担になるし、怖がって出来ない等々
本来院内での治療を自宅でする事はあまりおススメ出来ないと思うのが本音
しかしトイに関しては、このまま継続して治療を継続が理想的と考えており、
出来るのであれば・・・という打診があり、相談の上、自宅で皮下注射をする事に

blog_000009262.jpg
これが皮下注射のヘパリン
--------------------------------------------------------------------------------------------

今回のトイの正式病名は「大動脈血栓栓塞症」
症状によってかなり違いはあるものの、予後は一般的にはかなり悪い病気
(アメリカでは安楽死を進める事がほとんど)
病状の程度によって違いはあるが、最終的には30~70%以上死亡
生き延びた子のうち50%は、その予防の薬剤を飲んでいても再発
重症例で生き延びた場合の予後は平均でも1年前後
という病気

血栓症の可能性はあるとずっと思ってきてはいたので
先生も私もいつも戦々恐々としていて
どれだけ怖い病気かは知っていました。
しかし、残念ながら発症前に発見する事はかなり難しく
発症した場合、どれだけ早く治療出来るかが重要

発症当初、抗血栓薬を飲んでいたのに・・・
なにか不安要素を拾ってあげる事が出来たのでは・・・
何か見落としていたのでは・・・・
等々、色々考えをめぐらせては消しの繰り返し

発症前に気が付く事は難しいのはわかっていても
発症する可能性がかなり高いのに、何も為すすべがないのは本当に歯痒く
発症させてしまって、トイに申し訳ない気持ちでいっぱい・・・
トイに辛い思いをさせてしまってごめんね・・・
今後はもっともっと注意深くトイを見るからね

今回トイが回復出来たのは、発症して多分30分ほどで治療がスタート出来た事が
一番のポイントで、トイの強さも回復ポイントだとおっしゃってくれました

早期で見つけてくれた相方に深く感謝
本来、夜に付き添って診てくれる事は出来ない病院なのに
退院までつきっきりでみてくださって
もう3度もトイを救ってくださった先生に、親切な病院に深く感謝
たくさん、応援してくださった皆様に深く感謝
感謝しても、感謝しても、足りないくらいの感謝です。
本当にありがとうございます。

トイ、がんばったね
トイの強さにとても助けられて、深く感謝

退院から帰宅後、てんじんトイのニオイを嗅ぎまくり
二人ともシャーシャー威嚇して、緊迫した空気に・・・
まぁ、想定内だす

特にじんがひどく威嚇しまくり、出来るだけ近くにないように仲介してしまった

入院時はクレートの中ですごしていて、おしっこシートがひいてあり
トイレ砂はなしの環境で、トイは利尿剤をかけているので
おしっこの量がすごいので、どうしても体中がおしっこ臭になっていたので
帰宅したら、てんじんがすごく怒るだろうなぁと思い
退院前日に足だけでも、拭いて欲しい旨を先生に伝えていたら
全身をキレイにしてくださってました。
私がお願いした事で、トイのニオイが消えてしまった事が逆効果だったのかも・・・(汗

とりあえず、出来るだけ一緒のニオイになるように、早めの夜ごはんタイムに


blog_000009252.jpg
みんなで     ごはん     タイムにゃす

blog_000009253.jpg
食欲モリモリですぅ

blog_000009256.jpg
本当にトイちゃんにゃすか・・・       Zzz~

blog_000009257.jpg
ホンモノのトイちゃんで安心したにゃす       Zzz~

blog_000009259.jpg
トイちゃん、おかえりにゃす

blog_000009258.jpg
にいたんと一緒寝がイチバン安心ですぅ

真夜中にはてんトイで一緒寝


blog_000009260.jpg
ホンモノのトイにいたんでしゅ       Zzz~


ハイエナーズ一緒寝も復活!
何度か威嚇されたトイが少々委縮してしまったいたので心配だったけど
その後、自らてんじんとの一緒寝に歩み寄ってくれた
トイの強さににあらためて尊敬
トイは本当にスゴイ子だね

トイ、入院お疲れでした
てんじんありがと


たくさんの応援コメントいただいたにも関わらず
お礼のコメント返しも出来ずにいて本当に申し訳ありません・・・m(_ _)m


訪問・コメントなかなか出来ずスミマセンm(_ _)m
いただいたコメントのお返事出来ずスミマセン。大切に大切に読ませていただいています。

にほんブログ村 猫ブログへ

インスタやってます。お気に写真や、iPhone写真をメインに
↓↓↓↓
Instagram
  1. 2017/02/21(火) 08:27:28|
  2. トイ通院(肥大型心筋症)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:19
次のページ