FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

天真爛漫 ~アメショのてん・トイ・じん~

アメショーてん・トイ・じんの日記ブログ(トイ肥大型心筋症通院記録)

じんの事


年末年始にかかわらずたくさんのコメントをありがとうございます
じんは本当に可愛がられていたんだなぁと感じ
そして、あたたかいコメントに救われています
本当に本当にありがとうございます

トイの時と同様
この子達の日記として
じんは病気ではなかったけど
じんがめんこいめんこい私の子だった証として
じんの1分1秒を忘れたくないので記します


-----------------------------------------------------------------------------------
12/30(月)

9時前
いつも通り朝遊びをして
てんをジャンプで追い越すほど元気いっぱい

9時過ぎ
朝ごはんを完食
いつも通りてんより早く完食して
てんのごはんを食べようとしてたので
「コラっっ!!」と言ったら「ひゃひゃひゃ~っっ」とバレたってお顔をして
めんこくってクスクス笑ってた

その後、家の事をしてて
顔を洗おうとして洗面所に行ったら
じんが付いて来てみゃ~ひゃ~言ってたので
「朝だっこしようね」ってだっこして
「じんは重いね~こんなにでっかいのにいつまでもベビたんだねぇ~」と言いながら
だっこしてオシリポンポンしてて
洗面所の鏡を見ながら
「でっかい甘えん坊いるね~」とか言ってた
写真撮ろうと思ったけど
じんはでっかくて重いので携帯を撮る時しゃがむのが大変なので
(ま、また今度でいっか)と思ってしまった

2~3分だっこした後
「顔洗うから待っててね」って床に下ろした

顔を洗ってる途中じんが待ってるかなぁと思って後ろを振り向いたらいなかったので
(珍しいな)と思ってた
じんはだいたい後ろで待ってる)

顔を洗い終えて
後ろを見たらじんの足だけが見えて
それが、ごろんしている感じではなく
横になっていてピーンと張ってる感じで
瞬時におかしいと思い駆け寄ったら

じんが倒れていて
手足がピーンと張っていて、口は開いていて舌が出てて
散瞳していた・・・


明らかにおかしいと思い
何度も何度も
「じん!じん!!じん!!どうしたの?じん!!!!!!!」と叫んだら
てんが来て、私のパニックを目の当たりにしててんも怒りだしパニックに
すぐに別部屋にてんを入れて
てんを入れながらかかりつけ医にはもう間に合合わない
走って1分以内に病院があるので
このタイミングで病院が診察してるのかと思いながら電話したら
電話がつながり
「多分もう心臓が止まってしまっていて、でも今さっきなので連れて行ってもいいですか!!」と言ったら
すぐに状況を理解してくれたようで了承
「1分以内に連れて行きます」と言って
連れていこうとだっこしたら
じんの体にはもうチカラがなく全身が脱力していて
でもまだ助かる助かる、絶対に助かると思いながら
走って病院へ

病院ですぐに処置室に運んでくれて
待合室で待つように

じんが倒れた時間は憶えていて10:13
病院着いて待合室で待ってる時少しして時計を見たら10:18

その後は時計を見てないけど
多分5分後ほどに呼ばれて
処置室に呼ばれると
心臓マッサージされてるじん

先生が
「自発呼吸はないですがこのまま蘇生処置して自発呼吸したとしても脳障害等が残る可能性もあります
このまま続けますか?」と言われ
「帰ってきてくれる可能性があるならお願いします」と

再度、待合室で待ってる事十数分
再度呼ばれ、じんまだ心臓マッサージされていて
色々と機械を付けられているじんを見て
「もう、いいです。ありがとうございます。一緒に帰ります」と

先生が心臓マッサージを止めると
あっという間に心停止の音が

その後、先生話したのは
心不全、脳溢血、血栓等々、所謂突然死だろうとの事
それ以外の話しは憶えていないなぁ

その後何を思ったか、5分以内に迎えに来ると言って
病院を出てしまった

今思うと、すぐにじんを連れて帰らず本当に申し訳なかった
一旦帰宅して、てんの様子を見て
じんが入る箱ないかなぁとか思って
そんなのあるワケもなく
すぐに病院へ

白いタオルをかけてもらっていて
だっこして帰ると伝えると
お部屋の入口までお連れしますと言ってくださり
先生がだっこしてくれて部屋前まで送ってくださった
「あ、お支払します」と言ったら
「落ち着いたらで結構です」と

帰宅してじんをベッドに寝かせました

-----------------------------------------------------------------------------------

これがあの日じんに起きた事全て
私の視界にじんがいない1~2分の間の出来事・・・


動かなくなったじんと帰宅して
もうどうしていいかわからず
何からすればいいのか等を考えていて
そう言えば明日からてんじんをかかりつけ医に預ける予定だったから
明日から帰れない事を実家に言わなきゃ
明日からの病院お留守番キャンセルしなきゃ
等々を済ませて
でも、火葬をする事は考えたくなく
ベッドに寝てるじんを何度も何度も見て
またどうしていいのかわからなくなって
元相方に電話して色々と助けてもらいました


もし、30日から病院にあずけていたら助かったのではないか・・・
あのまま、洗面所でもっと長くだっこしていたら・・・
私の子ではなく、他の家の子だったら・・・
あと1秒、5秒、1分でも病院に連れて行くのが早かったら・・・
もっと心臓マッサージしてもっらたら帰ってきてくれたのではないか・・・
私の何かが原因でじんを死なせてしまったのではないか・・・

どうして
どうして
なんで
なんで
何がいけなかったのか

そんな事しか考えられなかった


てんを心配してくださるコメントもたくさん頂戴しているのですが
てんは元気です
じんがいなくなって2~3日は食欲が減ってしまったけど
今はごはんも完食するようになり
違う事と言えばとても甘えん坊になった事
座っていると自らだっこに来ることが多くなった

blog_000001801.jpg

慰めてくれるのかな
寂しいね・・・
寂しいね・・・
夢ならいいね・・・



訪問・コメントなかなか出来ずスミマセンm(_ _)m
いただいたコメントのお返事出来ずスミマセン。大切に大切に読ませていただいています。

にほんブログ村 猫ブログへ
ランキングに参加しています。 ポチポチっとしていただけると嬉しいですm(_ _)m

----------------------------------------------------------------------------------------

インスタやってます。お気に写真や、iPhone写真をメインに
↓↓↓↓
Instagram
関連記事
スポンサーサイト



テーマ: - ジャンル:ペット

  1. 2020/01/03(金) 12:10:35|
  2. じん
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26
<<じんの旅立ち | ホーム | じんの事>>

コメント

飼い主様、お辛い時に、ある日事を、お話して下さって。書いてる際にも、どんなに辛かったか…飼い主様、ご無理だけゎ、なさらないように、されて下さいね。私自身もショックでした。我が子のように可愛かった、じんくん、もう、号泣でした。猫ちゃん達ゎ言葉ゎ話せないので鳴き声、鳴き方、態度でしか表現も出来ない、人に取っても理解出来ない部分も有ります。じんくん自身ゎ自分なりに分かっていたのかもしれません。甘え方、特に普段クールな猫ちゃんが突然甘えて来る時ゎ気をつけなければいけないと耳にした事が有ります。我が家の猫ちゃんも、明らかに様子が、おかしかったけど、それに気付いてあげる事が出来なかった事、今でも後悔してます。じんくんゎ朝、飼い主様に甘えて来たのゎ、じんくんからの、今までの感謝の意味だったのかもしれません。私も今でも何も出来ず助けてあげる事が出来なかった事、自分を責めてます。愛猫を亡くして必ず通る道なんです。辛い、悲しい、寂しさも有ると思いますが飼い主様の傍にゎ、トイくん、じんくんゎ勿論事、てんくんが居てくれてます。飼い主様にゎ、これから沢山の仕事が有ります。トイくん、じんくんの事、そして今現在、一緒に居る、てんくんの事、守るべき事も有りますょ。トイくん、じんくんゎ姿ゎ見えなくても、いつも隣に居ます。朝、起きた時にゎ、おはよう、仕事に行く時ゎ、行って来るから、お留守番頼むね。とか言葉を、かけてあげてゎ如何でしょうか?自然にね。てんくんゎ甘えたいだけ甘えさせてあげて下さいね。(=゚ω゚=)飼い主様らしく接してあげて下さいね。
  1. 2020/01/05(日) 12:33:29 |
  2. URL |
  3. りりーくん #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2020/01/05(日) 13:48:57 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

更新ありがとうございます。
ママさんとてんのことが心配だったので、
少し安心しました…
辛かったですね。お悔やみ申し上げます。

私とこのブログとの出会いは、もちろんあの動画です。
だけどハマってしまったのは実はじんが来て少し経った頃でした。
「ボクちん、ケージ寝卒業できなかったでしゅ」(こんな感じでしたよね?)
なんてカワイイの‼︎
あれから何年も経つのに、いつまでもカワイイじんのままでいてくれて、ホント感謝です。
そして寂しいです。

ママさん、どうか自分を責めないで下さい
あの子は本当に幸せな子だったと、3ニャンのファンの一人として言わせて頂きました

また落ち着いたら更新してくださいね
  1. 2020/01/05(日) 15:24:13 |
  2. URL |
  3. ふみ #-
  4. [ 編集 ]

じん君との突然のお別れ
つらく悲しい時でしたね。
夢ならいいのに、って。
いつも可愛い姿を見せてくれたから。

亡くなる寸前まで元気だったのならば
事実を受け止めるのに時間が
かかりますよね。

急なお別れになったけど
じん君、いつも可愛らしくて
幸せいっぱいのお顔していたし
ママさんとこに迎えてもらえて
いっぱいいっぱい感謝してると思います。

気のきいたコメントできずに
すみません。
  1. 2020/01/05(日) 15:34:32 |
  2. URL |
  3. あーちゃん☆ #.rEgMis2
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2020/01/05(日) 15:50:39 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2020/01/05(日) 17:49:34 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2020/01/05(日) 19:11:39 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2020/01/05(日) 20:03:43 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2020/01/05(日) 22:41:57 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2020/01/05(日) 23:29:12 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

ママさんへ

ブログ拝見しました。

じんくんを助ける為に必死だった
ママさんの気持ちが伝わってきました。
悲しい現実を受け止める事なんて
誰一人できないです。

可愛いがっていた。食欲旺盛で好奇心もあって。ママさんにも甘えん坊な赤ちゃんみたいな可愛い、可愛い我が子だもん。

今まで元気だった子だよ。。

でも。じんくんは自分がこの様な状況になるとは想定していなかったんですよね。

ママさんやてんくんに愛を沢山貰い
色々な事を吸収してきて悲しいトイくんの
旅立ちも経験して。。

凄い良い子の突然の悲劇は受け止める事なんてできない。

だけど、じんくんはてんくんに生きる力を与えていったのかなって…

だからお空に旅立ちをしたのではなく
ママさんの心やてんくんの心に刻まれ思い出となり生きているんだと思います

未だ4歳。早すぎるよ…

じんくんはずっと家族、トイくんも家族。

大丈夫です。形は見えないけど側にはいます。

後、病院の医師も良心的でとても良い病院ですね。諦めずに最後までじんくんを救う気持ちで。その救命処置でじんくんは頑張ったんだ。

先生自らじんくんを自宅まで運んでくれたのは偉いって思いました。

ママさんも悲観して考えないでママさんは頑張ってた。自分を責めないでください。
  1. 2020/01/06(月) 00:22:49 |
  2. URL |
  3. マキまま #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2020/01/06(月) 06:50:14 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2020/01/06(月) 16:27:46 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

経過を読ませていただいて、ただただ寂しい、
悲しい、せつないです。
  1. 2020/01/06(月) 17:43:07 |
  2. URL |
  3. ララキラリ父さん #-
  4. [ 編集 ]

やっとコメント出来ました…。ママさん、お疲れ様でした😢
きっと向こうではトイちゃんが、「ジン、何してますかぁ〰️❓」って言ってそう。トイちゃん、ジン君を宜しくだよ〰️。テンちゃん、体調改善の兆しが出た時にこんな事があるなんて。ママさんを頼むよ❗ママさん、テンちゃん、頑張って下さいね。今は月並みだけどこれしか言えないです。ジン……。
  1. 2020/01/06(月) 18:02:58 |
  2. URL |
  3. ねこクリニック #-
  4. [ 編集 ]

本当に突然のことで何の心構えもなくただただ愕然として空っぽになってしまったことだと思います😢
どうかどうか御自身責めないでください。
出来なかったことを数えないでください。

一人で逝かせなかったこと抱き上げてあげられたことしっかりと見送ってあげられたこと。
じんちゃんはしっかりとママさんの愛情を感じていたと思いますよ。
寂しい最期ではなかったはずです。

我慢せずにたくさん泣いてあげてください。
それから、ゆっくりゆっくりと可愛かったじんちゃんとの想い出を話してくださいね。

しっかりと深呼吸をして暖かくしてお過ごしください。


  1. 2020/01/06(月) 20:05:39 |
  2. URL |
  3. 黒猫好き #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2020/01/06(月) 20:12:06 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

この記事を号泣しながら読んだよ
よく頑張って更新したね ママさん頑張ったね
じんちゃんは突然旅立ってしまったけれど
これだけいっぱいの愛を注がれて、 トイちゃんとてんちゃんに会えて
ママさんと出会えて幸せだったに決まってるじゃない
それも特大!虹の橋の仲間に自慢出来るくらい いっぱいの幸せだよ



  1. 2020/01/06(月) 20:50:16 |
  2. URL |
  3. ぽち #p0XiRefc
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2020/01/06(月) 20:51:47 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2020/01/07(火) 08:40:43 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2020/01/07(火) 08:51:13 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

びっくりしました
じんくんが・・・じんくんが
嘘だよね
何も言えない
涙が止まりません
大好きだよ じんくん

じんくんのご冥福を祈ります
祈ることしかできません(´;ω;`)ウゥゥ
  1. 2020/01/07(火) 11:30:04 |
  2. URL |
  3. チャチャママ #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2020/01/07(火) 17:50:19 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

ママさん、いけなかったところなんて何ひとつないですよ。
どうかご自分を責めないでください。
ママさんはもちろん、じんちゃん自身もこうなることなんてわからなかったはず…。
わかっていることは、じんちゃんはてんちゃんトイちゃんと一緒にママさんからたっぷりの愛情をもらって幸せいっぱいだったって事。
じんちゃんはまだママさんの側にいます。
ママさんが自責の念にとらわれていると、じんちゃん、心配しちゃいます。
どうかどうか、幸せいっぱいのじんちゃんのお顔を想っていてください。
ママさんとじんちゃん、そしてトイちゃんはずっと繋がっていますよ。
元相方さん、一番辛く悲しいときに力になってくださって…
相方さんがいてくださって本当に良かったです。
ママさん、どうかお体を大事に。てんちゃんとゆっくり過ごしてくださいね。
  1. 2020/01/07(火) 21:51:09 |
  2. URL |
  3. ミントティー #-
  4. [ 編集 ]

じんくん、突然すぎて。

ママさん、書いてくださりありがとうございます。

涙、ボロボロです。

胸がキューっとなります。

ママさんがどれだけの思いでこれを書いているか。

苦しむことはなかったんですよね。

ママさんのそばで、じんくんは幸せでした。

てんちゃん、トイちゃん、じんくんを何より優先して、

愛情たっぷりで。

いいこですよね。

じんくん、とっても、とっても幸せでした。

じんくん、ありがとう。

ママさん、てんちゃんを見守っていてね。

  1. 2020/01/08(水) 21:29:00 |
  2. URL |
  3. セナのおかん #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2020/01/09(木) 19:28:53 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tenshinranman1205.blog.fc2.com/tb.php/2448-31c5e612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)